北海道交通事故被害者の会の2018年の予定
★「北海道交通事故被害者の会の総会・交流会は
     2018年5月12日(土)
    「かでる2・7」 730研修室

★「世界道路交通被害者の日・北海道フォーラム2018」は
     2018年11月17日(土) 
    「かでる2・7」(札幌市中央区北2西7) 520研修室

にて開催予定です。(昨年の報告は本ページの「報告」欄、および会報55号にあります)。

   案内文はこちらです。

[以下,平成30年10月29日追記]

本フォーラムは、国連が提唱した11月第3日曜日のワールドディ(世界道路交通被害者の日)に連帯し、交通死傷被害ゼロを実現するための課題と方策について考えるものです。

今年のテーマは「高齢者を被害者にも加害者にもさせないために」で、医師の特別講演(下記)も行われます。

また、冒頭では、家族を奪われた遺族から、「こんな悲しみ苦しみは私たちで終わりにして下さい」との痛切な訴えがなされます。

皆様是非ご参加下さい。

 

〈プログラム紹介〉

 

特別講演  「高齢者を加害者にさせないために

    〜認知症の初期症状を知り、運転を早めに辞めよう〜」

       

         勤医協中央病院 名誉院長   伊古田 俊夫先生

        (北海道認知症サポート医連絡協議会副幹事長)

 

報告提言(予定)

     「クルマ優先を改め、高齢者など、歩行者・自転車の安全を守り抜く社会を」(主催者)

     「交通死傷被害根絶へのとりくみ」(仮題)(道警交通部)

     「高齢運転者支援対策について」(道警交通部 免許試験課)

     「生活交通の確保について」(仮題)(道環境生活部 くらし安全局 道民生活課)