北海道交通事故被害者の会の2019年の予定
★「北海道交通事故被害者の会の総会・交流会
     2019年5月11日(土) 13:30〜
    「かでる2・7」 730研修室

★「世界道路交通被害者の日・北海道フォーラム2019」
     2019年11月16日(土) 13:30〜 
    「かでる2・7」(札幌市中央区北2西7) 520研修室

【開催要項】
名 称:世界道路交通被害者の日 北海道フォーラム2019
テーマ:交通死傷ゼロと被害者の尊厳・権利
日 時:11月16日(土) 13:30〜16:30 (開場13:00)   
会 場:「かでる2.7」520研修室   ※ 定員100名 入場無料
札幌市中央区北2条西7丁目(札幌駅南口、地下鉄札幌駅から徒歩7分)
主 催:北海道交通事故被害者の会
後 援:北海道、北海道警察、札幌市
協 力:世界道路交通被害者の日・日本フォーラム、クルマ社会を問い直す会 

内 容
第1部 ゼロへの願い:被害者の訴え〜こんな悲しみ苦しみは私たちで終わりにして下さい〜
◆「二つの命、この25年伝え続けていること」 福澤きよ子さん(北斗市)
◆「中島朱希さん被害事件、ご遺族のたたかいと最高裁決定の意義」 青野渉弁護士
資料手記「飲酒暴走の危険運転に命を奪われた妻の無念を忘れない」中島康博さん(旭川市)

第2部 ゼロへの提言:特別講演
◆「交通死傷ゼロと被害者の尊厳・権利〜基本法制定から15年の課題〜」
             諸澤 英道(もろさわ ひでみち)氏
〈 プロフィール 〉
常磐大学学長(1991〜02)、日本被害者学会理事(1990〜16)、 
世界被害者学会理事(2006〜現在)、「被害者が創る条例研究会」メンバー(2014〜現在)。
専門は、被害者学・刑事政策学・犯罪学。
著書に「被害者学」・「被害者のための正義」(成文堂)、「被害者支援を創る」(岩波ブックレット)など。
         
第3部 ゼロへの誓い:
◆ 関係機関(道くらし安全局、道警交通部)の挨拶と会場からの発言、および「交通死傷ゼロへの提言」の確認

※ 関連行事
世界道路交通被害者の日・いのちのパネル展
           11月14日 札幌駅前地下歩行空間 ※16日当日、会場でも展示

こちらの案内もあわせてご覧ください。